<< のどかな桜@岡崎桜回廊 | TOP | 非日常の中の日常 >>

大徳寺瑞峯院 落慶茶会

4月14日は大徳寺の瑞峯院さんで
落慶法要の記念茶会が行われました。
正式名称は画像に。
IMG4046b.jpg
屋根の葺き替えにご寄付くださった読者の方々、
ありがとうございました。
何人かの方から、読者です、と声をかけていただきましたが、
ちゃんとお礼も申し上げられず、失礼いたしました。
この場を借りてお礼、申し上げます。

献茶を担当なさった三木町宗匠というのは
表千家家元のご次男さん。
千という名字は跡継ぎしか名乗れないので
次男以下は戸籍から名字を変更するんだそうです。
池坊さんもそうですね。

★★★

私は拝服席の水屋のお手伝いに入りました。
うちの夫もお手伝い。
大遅刻のわりに、なかなか働いておりました。^^

IMG4045b.jpg
夫の隣りはキモノ好きなら知る人ぞ知る、佐藤文絵さん。

IMG4039b.jpg

というわけで、瑞峯院、長らく工事のために
拝観中止となっていましたが、
ようやく一般の方にも見学いただけます。
私はだいだい火曜日の午後に
お稽古に上がっています。

ぜひ拝観にいらしてください。

★コメントへのレス
りえりんまるさん
夫の着付け、袴がずりずり下がってきて、
「アソウさん、直してあげなさい」
と、何人もに言われたくらいダメダメだったのですよ。とほ。

クマくん
来週の火曜日、クマくん、ロケトで大徳寺に来るの?
駐車場の上に着陸してね。屋根は葺き替えたばっかりだから
穴、開けないでね。
comments (7) | 暮らしと茶の湯 | URL

I enjoy reading the report, too. It>s easy to understand that a journey like this is the biggest event in ones

life.
Christian Louboutin | 2010/06/04 12:19 AM
 初めてコメント致します。
先日の記念茶会は私もお招き頂いて、参上しておりました。

 点心席で「あそうさ〜ん」との声が掛かっていたので、麻生前総理のご夫人かなぁと思ったら、久田宗匠と共に教育TVで茶の湯の案内をされていた麻生さんだと分かりました。

 TVでの印象通りの佇まいで接して下さいました。
御献茶式での和尚様の御挨拶、とっても感動致しました。
機会に恵まれましたらまた御挨拶させて下さい。
ありがとうございました。
まえだしんのすけ | 2010/04/23 09:40 PM
普段のお稽古の総浚えが茶会ですが亭主を務めるのは幾つになっても緊張の極みです。今はそのお稽古さえ日本刺繍の宿題に追われ休みがちなわたしです(トホホ)。
ご主人さまの長じゅばんの色もなんて素敵な!(襟元拝見)
着物と袴のお見立てはもちろん圭子さんですか?色あわせ美しい〜!
私も普段は愚息の息子達、袴姿が一番好きです、スーツに勝ります。
狛江の姫 | 2010/04/17 08:35 PM
こんにちは 5月に京都へ行く予定でありますが
あの時も 拜観が可能でしょうか.
こちらにはつつじが咲いて山が美しいです
機会になればお目にかかりたいです写真よく見ました
日本語にならないが熱心にしています娘が笑いながら冷やかします
&#44048;&#49324;&#54633;&#45768;&#45796;
unwol | 2010/04/17 07:46 AM

        〇_〇  クマロケト
     ‖ (・(ェ)・) キョトに
      |X|  (   ) 火曜着でセットしたクマ
      |X|   v v
   ‖ |X|  ( ( ) 
 ┌─ |X|  (⌒)),,  ゴォォォォォ
 │田 |X|( ⌒),, )")  
 │田 |X|( (,,, ) ),⌒)
┌─────────┐
クマゴロー | 2010/04/16 11:00 PM
旦那様のお着物の色目がとっても素敵です!
着付けも美しい、袴の後ろ姿も流石、
お茶を点てるお手元も綺麗、
あぁ端正で繊細な男性って、世の宝です(ハート)
りえりんまる | 2010/04/16 10:25 PM
こんばんは。昨夏、バスツアーの昼食場所が、大徳寺・泉仙でした。その時、瑞峯院の脇を通りました。工事中でしたが、‘麻生さんは、ここでお稽古してらっしゃるんだなあ、、、’と思いました。次回は、ぜひ拝観したいです。火曜日の午後に伺ったら、お遭いできるかもしれませんね。
彩の国HIROKO | 2010/04/16 08:51 PM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。