<< 東京のお盆 西京のお盆 | TOP | 茅の輪くぐり >>

三回忌@瑞峯院

大徳寺・瑞峯院で教えていただいている
お茶の先生の奥様(奥様も先生)の三回忌が
1日の日曜日、瑞峯院でありました。

私と同年代だったんですが、
悪性の脳腫瘍で
2年前の夏、帰らぬ人となりました。

お茶事のこと、客をもてなすということを
実践で教えてくださったのが、
この奥様でした。

そんな奥様のご法要だから、
今年もとても心に残るものでした。

3人のお子さん方、そして私たちにも
笑顔が戻り、日にち薬の効能を知りました。


まず稽古場で、お薄を一服。

床の間には、一対の花屏風。
これがお子さんたちの自作。
かたわらには
茶花が用意されていて
参列者、それぞれが
そこに挿していくというもの。
私は奥様がお好きだった……
そして私も大好きな昼顔を選びました。

本堂で法要のあと、お墓参り。
それから「しょうざん」に移り、
お昼の膳をいただきました。

帰りは茶友と、
夏の自習会の打ち合わせ。

暑く、深い1日でした。




comments (1) | 暮らしと茶の湯 | URL

もう2年、経ちますか。
深い1日の思いが伝わります。

日にち薬、遅効性だけれど、効きますよね。

アソウさんには、神経内科のお薬がばっちり効きますように祈っております。
あかねこ | 2010/08/03 04:01 AM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。