<< ありがとうございます。 | TOP | 茶の自習会 >>

虫養いのお弁当

夜中、あーだこーだ
ひとり盛りつけを試行錯誤して、
よーやくこんな感じに決定。

IMG6788.jpg


そして本番はこうなりました。
(ま、もとがもとですから^^; )
IMG6791.jpg
手伝いに来てくれた杉本歌子さん
上のダ・サンプルを見ながら、
きれいに盛りつけてくれました。す、すみません。
このほかに小吸い物。
久しぶりに1番だし、二番だしを取りました。


味はね、濃過ぎたり、薄過ぎたり@@


まあ、本当に虫養い。
お稽古の前はこの程度がいいそうです。
じゃないと、眠くなるから@@


おーし。次回はがんばるぞ。

コメントのレス
お弁当箱は和久傅さんのお弁当の容(陶筥)を
捨てずに取っておいたもの。
大徳寺真珠庵に伝わる「永正ます」の写し
だそうです。
comments (3) | 暮らしと茶の湯 | URL

お弁当のおいしそうなこともさることながら、器についても、お話をお聞かせくださいませ。
どのくらいの大きさかな…何焼きなんでしょう?

オクラと茗荷に夏らしさを感じます。
私もasoさんのお弁当、いただいてみたい!
あかねこ | 2010/08/23 08:51 AM
私試したことはありませんが ススキの穂をみずみずしく保つためにスプレーをかけておくと良いと…。失礼しました。
菜花 | 2010/08/22 09:27 PM
ありゃりゃ〜、小芋が離ればなれになっていましたね、、、。
す、すいませんでした、、、。
お相伴、させていただきました。(これ役得!)おいしかった!
また、呼んでねっ。うひっ!
kyuuan | 2010/08/22 08:01 PM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。