<< 久しぶりの駄メシです。 | TOP | 春はあけぼの >>

福祉ネットワーク 再び

月曜日も、福祉ネットワークの再放送が行われたため、
また何人かの方からメールやコメントをいただきました。

その中で興味深かったのが
私と逆のタイプ、
つまり低い音が聴こえないという難聴の方からのメール。

この方、低音が聞こえないので
男声はほとんど聞き取れないんだそうです。
ああ……。私たち、2人合わせるといい感じかも。^^

失礼。
で、この方、低い音を少しずつ失ってく過程で、
それまで意識していなかった音に気づくようになったんだそうです。

たとえば視覚障害者の方たちのための、お知らせ音。

交差点の信号、
あれ、音で知らせるようになっているものがありますよね。
残念ながら、私はもう聴こえないんですが、
あれ、交差点を俯瞰すると、
東西(横)と南北(縦)で、音やメロディが違うんだそうですね。
そうですよね、じゃないと
いつも音、鳴ってることになりますよね。^^;

このメールをくださった人は
自分が難聴になり、
はじめてそこまで気づいたんだそうです。
低い音が聴こえなくなり、
そういう高い音に敏感になったというのもあるのでしょうし、
障害というものを改めて意識したのかもしれない。

誘導音パターンの場合「カッコー」と「ピヨ」。
メロディの場合、「通りゃんせ」と「故郷の空」。


なんだそうです。
聴いてみたい方はこちらへ。

そして私は聴いたことがない(気づかないままだった)のですが、
駅の切符売場や、階段等でも
音が鳴るんだそうですね。びっくり。

もしかして世の中(都会)は
もっといろんな音の記号が溢れているのでしょうか。
きらきらした世界なのかしらん。
などと、想像する私なのでした。


さて。今回、はじめて
ネットで難聴というものを調べてみたのですが、
あらら、私って、難聴のなかではかなりの重症なんですね。
私のレベルは、40センチ以上、離れると、言語が理解できない、
というものなんだそうです。
これにもびっくり。
いや、そんなことないけどなあ。
というか、
私の場合は、0センチまで近づいてくれても、
高い声の人、発音が悪い人の場合は、聞き取れない。
でも逆に低音の人なら、唇の動きが見えれば
遠くても、ある程度は聴き取れる気がするんですよ。

そのくらい、人によって、違うということなんでしょうね。
当事者でも、タイプが違う難聴の人の聞こえの世界は
想像つかないんだから、一般の方はね……。
なので、わからない、ということを
わかっておいていただければ、
それでだいぶ救われる人はいるかも。

そんなことを考える私なのでした。
comments (5) | コメントへのレス | URL

先日、番組放送直後に清水寺の成就院で水琴窟の音を聴く機会がありました。
麻生さんの聴きたい音だ・・・と思って竹筒に耳を近づけてみると、
白黒の万華鏡のような複雑な音でした。

竹の手触り、京都の風、成就院の庭の緑、
そんないろいろな状況と一緒に音を聴いたような気がします。
ようこ | 2010/03/17 09:58 PM
偶然、テレビで拝見しました。
ブログの写真ではお見かけしているのですが
あらためて、日本人形のようなきれいなかたなんですね。
お召しものが透明感のあるグレーの美しい色で
ああ、濁っていない透明感のある色が
お好きだとどこかに書いておられたのを思い出しました。

ご不自由もそのままにしぜんに抱きしめて
おられるようですね。お体大切になさってください。
応援しています。
snow | 2010/03/16 09:46 PM
こんにちは。コメントするのが遅くなってしまいましたが
先日"難聴"という言葉につられてテレビ拝見しました。
麻生さんが難聴ということに驚きました。
また私と聴力も同じようなタイプの感音難聴のようで
(なかなかいませんよね)
お話を聞きながら同感することばかりで
とても嬉しく勇気づけられました。

聴覚障害は目に見えない部分で 
特に難聴は理解して貰い難く誤解されることが多いですよね。
私の場合、赤ん坊の時からのようで原因不明なのですが
さらに数年前片耳が失聴してしまいました。
なので今までよりも不自由な思いでいます。

高い音はいままで聴いたことが無いので
周囲の人たちが、鳥や虫の音が聞こえることに
動物の耳と同様に人間でもそんな小さな音が聞こえるのかと
今もとても不思議に思っています(笑)
私も夫にはいろんな音、声を通訳して貰っていますよ。
世の中いろんな音があり、聞き分ける事の出来る人間の
本来の聴力にはホントに驚くばかりです。
でも麻生さんの前向きでサッパリした明るい性格に
ますますファンになってしまいました。
とても励みになりました。
これからもお体にお気をつけてお過ごし下さい。 
ブログ楽しみにしています。
PIYO | 2010/03/16 02:57 PM
おはようございます。
私がはじめて障害の方に気づかされたのは、ごく普通に喫茶店で
歓談される二人の女性でした。お二人で手話での会話が「美しい」
光景だったんです。その後、大森南朋、忍足亜希子のauのCM
某動画サイトで見れます)とか、戸部良也「遥かなる甲子園」アニメ、
映画作品を見て全てではないんですがが少しだけ難聴、聾の大変さが
理解できるようになりました。

大きな地震が来たらどうするんだろう?とか、介護も当事者に
なったら大変だろうな〜とか。
今回の麻生さんのご出演でこのところ忘れかけていた大切なことを
思い出しました。
「受容」の精神はこれからの私たち高齢者問題への課題でもあると思います。
silver☆ | 2010/03/16 08:10 AM
こんにちは
交差点の信号は、確か「通りゃんせ」だったと思います

私も低音(男性の声)が聴きづらいです
TVを拝見してて、そうそう、とうなづいていました

今は小鳥のさえずりや風景の光りにも敏感になりました
高音は大丈夫なので…
ですが耳鳴りも一緒に伴うのですごく不快です

麻生さんの前向きな姿にちょっぴり感動しました
ありがとうございます
たみ | 2010/03/16 07:00 AM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。