<< 古いカメラとイケメンくん | TOP | 氷を見つめる猫 >>

氷の卵が孵っていく

フランスのアンティークの鉄製の籠が
ようやく入手できました。

もともとは卵入れ。

氷という卵が、
次々に涼という雛に孵っていきます。


IMG6651.jpg
耳をすまして。
ぴとん、びとん
という音を立て、
ガラス容器に落ちていく。
(と、夫談。私も目で聴こえます)

IMG6648.jpg
吊るしたのは座敷の床の間。
いつもは花を吊るす地袋の上。

IMG6654.jpg


とりあえず冷凍庫にあった
パーティアイスを入れたので
溶けるのが速い、速い。


当日は氷屋さんから
10センチ角の氷を届けてもらう予定です。


quote:ギャルリ百草 
comments (1) | 暮らしの手応え | URL

暑い日が続く中、一服の清涼感を感じますね。ロッタちゃん、大人ですね。趣味がいいですね。
☆のおじょさま | 2010/08/19 08:31 PM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。