<< 桔梗の髪飾り | TOP | 壜を揃えました >>

一軒ろーじ(路地)

うちは昭和のはじめに、
醤油問屋の離れとして建てられたもの。
店棟(現在は飲食店)の脇に門があり
そこから専用の通路=一軒ろーじを通り
中門、玄関へと向かいます。

IMG6900.jpg
南北のろーじ。
右が店棟の壁。左はお隣さんの壁。
ろーじ(路地)は
町中でよく見かける長屋が共有しているものと
こういう一軒ろーじの2種類、あります。

このろーじの部分に
草木が植えられていなければ
掃除はラクなのてすが、
樫、槙といった常緑樹が
植えられているため
掃除が……(泣き)。

途中で左に曲がります。
塀の向こうは裏庭、物置。
IMG6902.jpg

東西のろーじ。
IMG6903.jpg

こういうふうにきれいなときは
月に1度くらいしかありません。
(庭掃除は虫がいる季節は夫担当)。


中門。ここで ろーじ終了。
IMG6908.jpg

ここからは南北の玄関庭。
IMG6909.jpg

客用玄関(東向き)
IMG6912.jpg

石畳のろーじは風情があり
大好きな風景なのですが、
住むとなると……
ものには限度というものが……。

雨の日に傘を差して
新聞や郵便を取りにいくのは
予想外の「風情」でした。

喜んでいるのは
猫ばかりなり。
comments (3) | 庭のこと | URL


  〇_〇 カキカキ
  ( ・(ェ)・)
  ノ つ_φ))____
 ̄ ̄\        \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ┌───────┐
  |ダンナ ろーじの|
  │そーじと水まき!|
  │毎日やるクマ! |
  └──┬┬───┘
    〇_〇│
   ( ・(ェ)・) |
   ノ   つ |
クマゴロー | 2010/08/24 09:25 PM
  素晴らしい路地、感動です。先月、初めて桂離宮を
見学し、石畳の石の敷き方に真、行、草があることを
学習したばかりです。
花筏 | 2010/08/24 04:31 PM
ためいきが出ます。
凛とした空気が伝わってきます。
素敵・・・
chika | 2010/08/24 03:34 PM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。