<< 赤い実と猫 | TOP | ススキとキジトラ >>

露地(茶庭)について

露地、
こちらは 京都人も「ろじ」と発音します。

茶庭のことです。

草庵式茶室に付属した庭。腰掛け・石灯籠(いしどうろう)・飛び石・蹲踞(つくばい)などを配し、多くは外露地と内露地とに分けられる。茶庭。yahoo辞書より

IMG6897.jpg
座敷庭は観賞用の庭ですが、
こちらは用いる庭。
茶事や茶会のときは
ここも茶の湯の「舞台」になります。
歩き方や、蹲踞の使い方、お辞儀の仕方etc
すべての所作やタイミングに
決まりがあります。
またそれらは、流派によって、異なります。

この露地はもともと裏千家流に作られていたので
入居時の改装のさいに、
表千家流に、蹲踞まわりの石を動かしました。

茶室の名は「松庵」。
建仁寺の管長武田黙雷さんの最晩年の揮毫。
1892年(明治25)建仁寺派管長となり、高台寺本堂、建仁寺の山門ほか諸堂を建立し、寺勢の振興に努めた。昭和5年11月15日示寂。


ここの苔は
いわゆる地苔のみ。
杉苔は用いないのが好ましく、
また、
花が咲く木、香りが強い木も植えません。
この庭は茶席までの
プレリュードだからです。

茶席に飾ってある花を
際立たせるための
引き算の美学、
ということなのかな。


露地では
専用の露地草履というものを
履くんですよ。


IMG6898.jpg
苔が酷暑に夏枯れしてます。
秋になれば復活するかな……(泣)。

IMG6823.jpg
茶席(四畳半)の貴人口から露地を眺めたところ
前方に腰掛けが見えます。
手前は蚊取り線香

IMG5279b.jpg
初夏に撮った写真だから
苔が青々としています(←遠い目

左の小窓のようなものが
茶席への正式の入口=にじり口
幅が63センチくらい
高さが68センチくらい。

1度、オーストリア人で身長190数センチの大男さんが
ここからの入席にトライしたことがあります。
苦労しつつも、何とか成功。
「次までに、するーっと抜けられるように
日本人サイズに痩せておきます」
He said. www
comments (0) | 庭のこと | URL

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。