<< シャ・メール、届かず……の朝 | TOP | いいものは残ってしまう >>

古道具坂田@目白

古道具坂田
たぶん私の好みの骨董屋さんのはず
と思いつつ、伺ったんですが、
予想以上で
衝撃を受けてしまいました^^;

IMG7164.jpg
流行の雑貨屋さんに見えるかもしれませんが
まったく別次元です。
乙女的ではありません(かわいくない)^^;
もっと、ひたひたっと
濃厚な空気が漂っている。

京都にはないタイプ。


陶芸家の安藤政信さんが
ご自身のライフスタイルに影響を受けた店(人)として
坂田さんのことを
書いていましたが、

うんうん、そうでしょう、
そうでしょうとも。
今様民藝だ〜。

ちょっこし話をして、
坂田さんの立派な著書
ひとりよがりのものさし」(新潮社)を
買って帰りました。
6090円もするんですが、
写真、文章ともに、
思わず、くっくっくと
笑いたくなるような、あっぱれ本です。

千葉の田舎に
小さな小さな美術館(中村好文設計)があり、
来月の頭まで、
安藤さんの企画展だそうです。

行ってみたいなあ。
しっかし交通の便が悪いらしい。
(坂田さん談)


comments (4) | 暮らしのこと | URL

 千葉にある as it is 私も長年、その不便さから憧れるだけだったのですが、 ここを設計された 中村好文さん
(この方は松山の伊丹十三記念館も作られた建築家です)の
Mixiのコミュが時々、日帰りツアーを開催していて、近隣にある
氏の有名な建築と共に見学できます。  とっても素晴らしい空間ですので、機会があれば行ってみて損はないです。
イコン | 2010/09/07 02:25 PM
20年ぐらい前に住んでいた懐かしい目白です。
坂田さんには昔いったことがありましたが,変わらない店構えですね。ピーコックなども良く行った店です。
小さな店の事思い出しました。

いつも植物の記事が楽しみです。
テツ | 2010/09/04 06:16 PM
静謐ですよね…

雑貨にも精神性の高さがあると教わったお店です。
りえりんまる | 2010/09/04 03:23 PM
わ〜、懐かしいです。『古道具坂田』さん
何年か前にお伺いいたしたままで、
最近また、思い出していたところでした。

店内には、花が大胆かつ自然に生けてありませんでしたか?
今で言うプリミティブの先駆け的で、
とても謙虚で気持ちの良いお店(人)ですよね。

麻生さん、ありがとうございました。
去雨子 | 2010/09/04 12:03 PM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。