<< 久しぶりだね | TOP | 庭を見る猫たち >>

撤去した浴槽は

ああ、予想以上に
埋め込んでいた部分は傷んでました。

しかしなぜ浴槽は、
埋め込みが主流なんでしょうか。
低いほうが入りやすいから、かな。

でも木風呂は置き型のほうが
断然、保ち、いいですよ。
表裏両面に風を当て
ほどよく乾燥できるから。


IMG_7353.JPG
材質は高野槙(コウヤマキ)。
檜より水に強い、風呂桶としては最強の木……なのに。
黒いのは腐敗を防ぐために
柿渋タールを塗っています。
IMG_7354.JPG
ぼろぼろのふわふわ。

内側は拭き上げ、日々、扇風機をかけてたから、
こんなにきれいなんですよ。
底が抜けるまでに
改修を決断してよかったです。
IMG_7359.JPG
金に糸目をつけないなら
これを修復して、床をやり直し
もう1度、埋め込むという方法も
あったんでしょうけどね。

築80年の町家ですが
たぶんガス風呂にしたとき
浴槽も撮り替えてると思うので
数十年というところでしょうか。
うちが使って5年。
お疲れさま。

comments (0) | 浴室の改修工事 | URL

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。