<< 即興曲のエピソード 絶対音感 | TOP | 袴姿の溝口肇さん >>

読者さんからのメール2

こんなメールもいただきました。
いらっしゃらなかった方も、感想を共有できれば、との思いから、
アップさせていただきます。

心配しておりました雨も上がり、
新緑の緑がより一層引き立つ日に、
溝口さんの、深い響きのあるチェロを聞かせていただき、
心が穏やかになりました。

先日、チケットを購入する折に、
アクティブKEIのスタッフの方に、お電話で座席の事などをお伺いしました。
その折に、母の足が悪い事をお伝えしました。
本日、実相院さんに伺ったところ、
パイプ椅子を何席もご用意下さり、
そのお心遣いに感謝申しあげます。
ありがとうございました。
お礼を申し上げて帰りたかったのですが、
どなたに申し上げるべきか迷っているうちに、
失礼して帰ってしまい、後悔いたしております。

後ろの椅子席で、チェロの音色を聞いておりますと、
外からの心地よい風とともに、
小鳥たちがチェロに合わせてさえずる声、
青紅葉の甘いなんともいえないいい香りと、
まさに五感をくすぐるような至福の時が流れていきました。

溝口さんのおしゃったように、時間を共有しているという歓びに
包まれた気持ちでした。

実相院の改修が念願叶います事を、私も祈っております。

あまりお力にはなれないかも知れませんが、
仕事でいくつかの大学の非常勤講師をしておりますので、
学生さん達に、こういう試みがあることを話したいと思いました。
- | - | URL