<< 祇園で見つけた小さな秋 | TOP | うつわや あ花音(かね) >>

1930年生まれの小学校

学区内の小学校で、住民と小学生との合同運動会が行われ、
私たちも参加しました(私は観戦だけです^^;)。
子どもがいない私たちにとって、
小学校の運動会だなんて、自分たちが小学生だった頃以来です(@@
最初はあまり乗り気じゃなかったんですが、
行ってみたら、なつかしくて、
童心に帰ってしまいました。
(走りたかったなあ ウソウソ)

そしてもう一つのお楽しみは
校舎内に入れたこと。
(お手洗いを借りたので)。
昭和初期の1930年建造という鉄筋校舎は
当時としてはとてもモダンだったんでしょうね。
傷んではいるんですが、
階段にタイルが効果的に使われていて、
手すりは薄茶色のジントギ(人造石の研ぎ出し)。
でも南向きの鉄枠の窓から見えるのは某寺の本堂。
このコントラストがいい。これぞ東京人の思う(^^;)京都。

しかしながら、
近い将来、統合のため、廃校が決まっているようです。
だって今、全校生徒約70人なんですって。
50年前には1000人もいたというのに。
校舎はそのあとどうなるのか。
何か別の施設として再利用されればいいのに。
…………。

さて。
092009c.jpg
夫の走る姿が小さく写っています^^
今日はほんと雲ひとつない、秋晴でした。

IMG1136.jpg

そして美しい校舎。
092009a.jpg

092009b.jpg
comments (3) | 京都 > 建物のこと | URL

京都のような都会でも小学生の人数が少なくなっているのですね。
私の出身の小学校も80人ぐらいしか生徒がいません。
私がいたころも120人ぐらいしかいませんでしたが
どんどん減っています。
廃校などの話はまだないようですが、自分の出身校が
なくなってしまうのは寂しいでしょうね。
RIEKO | 2009/09/23 08:18 PM
ロッタちゃんとトビ君のところから遊びに来ました。

とても綺麗な校舎ですね。
廃校になっても、この校舎は残るといいですね。
この校舎だけでも、展示?の対象になりそうだし(*^^)v
さっちゃん | 2009/09/22 12:00 AM
こんにちは、いつも楽しく読ませて頂いています♪
文章力に自信がなく、コメントする勇気が持てなかったのですが、この学校が残されればいいのに!って気持ちを私もずっと持っていたので勇気を出して。。。。
アダチのお父さんが教えてくれた話では立て替えとか?
一度つぶして統合後の学校になるとかって。
こんな学校が残っているのが京都の愛すべき所だと思うのですが、この地区の少子化の事情が事情なんでしょうね。
子供を持ったら京都で育てたい、と思う場所です。
そんな予定は無いけども〜。
kですもこちゃんの | 2009/09/21 12:56 AM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。