<< 走り庭の納戸 | TOP | 流しまわり@キッチン >>

紫ずきん@京の伝統野菜

京都の知人から今年もまた、
京野菜のひとつである紫ずきんが届きました。
今が旬です。
今年は日照不足で出来が心配されていたそうですが、
農家の方たちの愛情でおいしく実りました。

最近は欧米でも「Edamame」は人気らしいですよね。
ヘルシーで栄養価が高いからかな。

京都丹波黒大豆から生まれた枝豆=紫ずきん
ネーミングの由来は、
豆の薄皮が紫がかった薄墨色をしているから。

黒豆同様、
粒が大きく、コクがあり、甘いのが特徴。
お薦めです。

夫がサヤに二つとか三つ入っているものより、
一粒しか入っていないもののほうが美味しいと
主張するんですが、
どうなんでしょね。


100709a.jpg
薄皮を向くと、大粒の黄緑色の豆がつるり出てきます。
三つ、縦に並べた画像がそれ。
下が薄皮付き。中がむいたもの。上が薄皮。


以上、好物レポートでした。
comments (1) | 京都 > 食べること | URL

 我が家でも黒豆を栽培しています。茹でて食べるのも
普通の大豆より黒豆のほうがずっともっちりしていて美味
ですね。収穫は10月末になりそうですが、この台風で
どうなることやら、ちょっと心配です。
花筏 | 2009/10/07 07:37 PM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。