<< 黄身しぐれ | TOP | 情報誌「暮らし快適」@1/22の撮影 >>

京都の友人と「食」

1月16日のことになりますが、
河井寛次郎記念館の鷺珠江さんや、梶古美術の梶裕子さんに
誘っていただき、美術文化骨董好きの集まりに参加。
「もう蟹、食べられません、ごめんなさい」
というくらいの蟹をいただいてきました。
メンバーの1人が天橋立近くの浜から
運んできてくれた、本物の産地直送もの。

IMG1687b.jpg
これが数箱、あったの。
当然、余ったからお土産にいただいて、
翌日も自宅で蟹鍋だったの。うふふ。
持つべき者は京都の友人♪

甘い甘い蟹をひたすらほじほじしながら
喰らいつき non いただきました。

この会に参加するのは2回目。
前回はね、「切らず汁」という雪花菜(おから)のお汁を
はじめていただいたんですよ。
IMG1633.jpg
おからは切らなくていいから、切らず、
と言うんだそうですよ。知らなかった。

ネットの辞書を引いたところ、
《切らずに用いることができる意》おから。うのはな。「おから」が「空(から)」に通じるのを嫌っていった語。
とありました。

このとき、妙心寺の和尚様もお見えになっていて、
HERS2月号のエッセイに出てくる話は、
この和尚さまからいただいた言葉です。
「風も寒いんやなあ。家の中に入ってきよる」

風も寒いから、私の懐の中に、家の中に入ってくる、
そう思うと、すきま風も仲間のような、やさしい気持ちになってくる……?
なかなか凡人にはそこまでの心境にはなれません。orz


しかしHERSという雑誌、コピーがすごくてびっくり。
「幸せだけでは満足できない」
むーん、むーん そ、そうですか。
それ以上、突っ込むと、仕事に支障が。以下自粛。
50代がターゲットの雑誌のようです。

おまけの画像
きらず汁とともにいただいたお弁当は「田ごと」さん。
2-1-10.jpg
comments (3) | 京都 > 食べること | URL

  体調は回復されましたか?どうぞ更にお大事にして
くださいね。
  興味深い内容ばかりの復活ブログ、楽しく拝見。
黄身しぐれも花びら餅も蟹もお弁当も美味しそうで
味わいたいです。
 それにしても、季節の先取り撮影大変そうですね。
通販生活は手にとった事はありませんが、夏を楽しみに
したいと思います。
花筏 | 2010/02/02 08:20 PM
       マチクタビレター  マチクタビレター      
           ☆ チン 
        ☆ チン  〃  ∩_∩   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・(ェ)・)  クマのカニまぁだ〜
             \_/⊂ ⊂_ )   \________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   
        |   みかん  |
クマゴロー | 2010/02/01 09:17 PM
アソウさん、お風邪治ったんでしょうか?私は本日江戸に下って参りました。みぞれです。しかしみやこの底冷えに比べたらこちらは熱帯か(大袈裟)と思うほどあったかいです。憧れとはいえ、大変ですよね、町屋暮らしは。
で、蟹、蟹!もう、ロッタちゃんじゃないけどよだれタラーリ。にしても「幸せでは満足できない」、ディープなコピーですねえ。アラカン(ホント)のツボにはまります。
みやこ滞在中御所近くのこじゃれた居酒屋さんに行きましたが、普段何食べても反応薄い夫が「ここはうまい。」と言う位、やっぱり江戸は大味、みやこは美味。
南禅寺散策寒かったです。でも夫が「B級サスペンスドラマオタク」なので、サスペンスドラマの聖地、疎水閣をどうしても見たいと言いまして。世の中色んな人がいますよねー(自嘲)
しつこいみんみん | 2010/02/01 08:03 PM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。