<< 花の室礼 | TOP | 福祉ネットワークのスタジオ収録 >>

展示会のお知らせ

「絽刺し」という刺繍の帯留です。

IMG2862b.jpg
数年前、久保万里先生から習い、私が自分で刺したものです。

こんなに小さいものなのに一週間かかりました。
(夜、少しずつ、ではありましたが)
地色に見える藍色のところも刺繍なんですよ。

その久保万里先生の作品展が
2/17から2/23まで「ぎゃらりい西利」で行われます。
祇園  四条祇園町南側 西利祇園店4F
075-525-7111
時間等は直接、お問い合わせくださいね。


★絽刺しとは★
刺しゅうの一種で、別名公家(くげ)絽刺しともいわれている。三本絽といわれる絹の絽布に、やや太めの絹の撚(よ)り糸を使って図案を刺し埋めていくものである。古く平安の時代には公家や武家の子女の道楽とされていたといわれる。明治以降、大正、昭和と年々隆盛になり上流婦人の間で趣味の手芸として珍重された。
(Yahoo百科事典より)


拡大画像
rozashi.jpg
comments (4) | 京都 | URL

 作品展を拝見しに行ってきました。とても時間と根気の
いる驚きの技に感心しきりでした。ご夫妻が絽刺しをしながら
おられて、訳わからずの私に丁寧に説明してくださいました。
蓋に絽刺しの小箱を求めました。
花筏 | 2010/02/22 11:09 PM
ご紹介有難う御座います。
作品の搬入も無事終り、明日を待つばかりとなりました。
お時間が有りましたら、是非お立ち寄り下さい。
久保万里 | 2010/02/16 11:17 PM
絽刺し、素敵ですね。
手作りって、ひと針ひと針、刺していくのでしょう。
感激してしまいます。こんなにきれいなものが作れるなんて
本当にすごい!
自分で苦労をした分だけ、きっと大事にしていくのだと思う。
見習いたいと思います。
そして、素敵な帯止めがとてもうらやましいです。
ruriko | 2010/02/16 11:04 PM
手仕事が好きなので、とても興味があります。
ちょっと、やってみたい…

でも、にゃんずさんたちは、糸に絡みついて来ませんでしたか?
うちには、いたずらっ子がおりまして…
あかねこ | 2010/02/16 04:49 AM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。