<< 大分&由布院の旅#1 | TOP | 父の机が見つかりました >>

大分&由布院の旅#2

ひとつ前の記事から続いています。

玉の湯さん内の「葡萄屋」で、
私はお弁当の「樹」、夫は「和牛の網焼き重」をいただきました。
夫のほうの写真はないんですよ。
あー、撮っておけばよかったー。
yufuin1.jpg
温泉宿にありがちな京料理を模するのではなく、
地のおいしい食材を使いながらの、
気さくな、もてなし料理。
なのでお弁当箱、県内の日田杉かと思ったのですが、
秋田杉の曲げわっぱでした。^^;

アップでドン!
IMG1451.jpg
炊き合わせもひとつずつが大ぶり。
椎茸は大分県の名産。
大分名産の牛肉(豊後牛)がね、
もうやわらかくて甘くって(夫の網焼き牛も少しもらった)、
大満足でした。
ふだん牛肉、食べないから飢えてるの。^^
ええ、宗教的な理由で。
ウソをつきました。経済的な理由です。


食後のデザートは席を替えて。
桑野和泉さんも出てらして、
久しぶりに話ができました。

yufuin6.jpg
左下の画像は亀の井さんです。^^;

食事のあとは、迎えにきてくれた親戚とともに
亀の井別荘さんの見学を。
「亀の井さんのほうが紅葉がきれいだから、
お時間があるなら、ぜひ見て帰ってください」
と、桑野さん。
亀の井さんに電話まで入れておいてくれました。
本来ならライバル同士のはずなのに。
こういう垣根のないところが、由布院のよさ。

yufuin7.jpg
亀の井さんの門にはこんな張り紙が。
宿泊客でない方はお断りではなく、どうぞと書いてある。
玉の湯さんもそうですが、
こちらも敷地内に併設の
盆地料理「湯ノ岳庵」や
お土産セレクトショップは誰でも利用できるようです。
つーかオンラインショップまであります。


亀の井さんが隣接する金鱗池。
IMG1467.jpg


この景色を最後に、
親戚の車で別府へ。
親戚の家でゆっくり過ごしたあとは、
大分からソニックを使い、小倉から最終ののぞみ。
京都から別府(大分)まで、
所要時間はおよそ4時間です。

comments (2) | 京都以外 | URL

池に映った空の美しいこと
心が洗われるようです(^^♪
Qちゃん | 2009/11/25 10:50 PM

そう!
美味しい牛肉って高くて
ちょ…っと躊躇して買えないんですよね〜

この美しい文章と秋の叙情たっぷりのお写真、
由布院の話題という数々のご馳走を目の前にしながら
食いつくポイントがここかよ、と
我ながら泣けて来ます。

とほほ T_T
りえりんまる | 2009/11/24 10:56 PM

・コメントは承認後、公開されます。
・スパム防止のため日本語を含まない投稿は受け付けられません。