ナンバンギセルという花

久しぶりに大徳寺瑞峯院に茶の稽古へ。
玄関までの庭の芒の下に、
あ、南蛮煙管(ナンバンンギセル)が。
IMG_7394.jpg

寄生する芒の根から、養分をとって
生育する、寄生植物。
南蛮人が使っていた煙草のキセルに似てるから、
南蛮煙管。
似てるなあ、かわいいなあ、
などとカメラに収め、
稽古場の広間に入ったなら

あ、南蛮煙管が
舟に乗ってる。
南蛮からの船にのって
南蛮煙管がやってきた〜。

アップで撮影させていただけば
よかったな。

この場合の南蛮は
東南アジアに植民地を持っていた
ポルトガルやスペインをさすんでしょうね。

IMG_7396.jpg

昨日の晩から急に秋。
肌寒くて、ちょっと風邪を引きました^^

連載中の「月刊京都」今月号は
この南蛮煙管のことを書きました。
何という偶然。
comments (3) | 京都 > 花の場所 | URL

卯の花@下鴨神社

下鴨神社の境内で
葵祭当日に撮影した卯の花。

かつて祭は旧暦卯月(旧暦四月)朔日、卯の花神事からはじまりました。

卯月:陰暦4月の異称。卯の花月。卯の花の咲く月の意とも、稲穂を植える植月(うつき)の意ともいう辞書より引用

IMG4533b.jpg
comments (3) | 京都 > 花の場所 | URL

浦島草@寄せ植え

昨日の京都新聞の松岡正剛さんのコラムで
私の本が紹介されていたらしい。
20年くらい前、一年間、某企業の会合で
お世話になっていました。
バブルの末期だったけど、でもよき時代でした。
私も若かったし。@@

それはさておき
IMG4623b.jpg
姫浦島草(浦島草)という山野草を求めました。
IMG4624b.jpg
名前の由来は、浦島さんが釣り糸を垂れているように見えるから。
姫というのは、その種のミニサイズの意。

IMG4567b.jpg
寄せ植え、他には 
富士鈴虫草 三輪草 小紫陽花
蝦夷御前橘。

花どきが終わったなら
ひとつずつ鉢に植え替えして、
来年に備えます。



comments (4) | 京都 > 花の場所 | URL

母の日の花は

今日は母の日でした。

東京の母には
花政さんから、こんな和花の寄せ植えを送りました。
お値段はこんな感じ
孔雀シダ、梅花唐松、半鐘蔓
画像 001-a.jpg

夫の母には和花のアレンジメント
アヤメ、牡丹、鉄線、突き抜き忍冬、桃色空木、河原撫子、など
画像 004a.jpg
アレンジ、寄せ植えともに
担当は花政の井上さん。
表千家でお茶を習う、夫の茶友でもあります。
だから茶花にも詳しいの。


さて。
お昼は、撮影のキャンセルで迷惑をかけた
ヘアーメイクの人とハイアットリージェンシーでランチ。
テラスでのランチが気持ちのいい午後でした。

ようやく家内引越も落ち着いたところ。
しばらく手をつけていなかった
新刊の執筆を再開します。
comments (3) | 京都 > 花の場所 | URL

岡崎の疏水あたり

岡崎の疏水あたりを9日ぶりに
歩いてみました。
先日の画像と比べてみてください。

IMG4167b.jpg

IMG4171b.jpg

IMG4173b.jpg

IMG4177b.jpg

IMG4178b.jpg



最後は八坂通 ミシュラン二つ星 建仁寺丸山の桜
IMG4181b.jpg
comments (4) | 京都 > 花の場所 | URL