小さなしあわせ

平成12年に販売された
棟方志功の80円切手です。
額は特注だそうです。

東京の自室のピアノの上に
飾ってあります。

IMG_7190.jpg
切手だから本当に小さなものです。
でも存在感がある。
ぴりりと室内がしまりました。


小さなしあわせ

★★
私はこの年齢になっても
雑貨屋さんフリーク。
そこに扉があったなら
入らずにはいられない。^^
でもここ数年、お店を覗きはするけれど
買い物は控えるようになりました。

どんなに小さくても
残された人生、一緒に歩めるものを
そんなことを思うようになったからかな。




comments (2) | 暮らしの手応え | URL

いいものは残ってしまう

東京の目白と池袋の中間くらいにある
自由学園明日館
IMG_7140.jpg
約90年前に建てられた
フランク・ロイド・ライト設計の木造建築です。
国の重要文化財。
動態保存という形で
ふつうに使われながら、
保護されています。



関東大震災にも耐え、
東京大空襲でも燃えなかった。

IMG_7137.jpg
いいものは
残ってしまう、
建物が、人や運に働きかけ、
残させてしまう。

静謐で、シンプル、
でも大正モダン、
心地いい建物でした。


結婚式場、パーティでの使用、
一般見学も可能。
お薦めです。

★★
「婦人之友」の編集長の羽仁曜子さんに
案内していただきました。

婦人之友社も
丁寧な手仕事の匂いがしました。
かなり感動。
IMG_7146.jpg
これは各自のロッカー。
木製でナンバープレートは真鍮。
こういう職場で働きたい^^
comments (1) | 暮らしの手応え | URL

涼を捜した夏

暖簾が少し揺れただけで
うれしくなる。

気がつけば
目が、いつも日々の中
涼を捜している。
アタシは
涼に敏感になっていた。


でも来年からは
2階の寝室と、
パソコンを使う書斎には
クーラーをつけよう、
と、夫が言っている。

熱中症になってからでは
遅いし^^;

アタシの体調も
この夏はずっと
今ひとつだったし。


ま、今年は酷暑すぎました。
断熱材が入っていない
2階の部屋は
日中は天然サウナ。
おかげでダイエットができました ><


名称未設定 2.jpg
comments (3) | 暮らしの手応え | URL

涼一滴

IMG6673.jpg
この錆び具合がいいでしょ。
(って、好きじゃない人にはただの錆びですね^^;)

IMG6686.jpg
今日は自室に。
2階までは葦戸の購入が追いつかず、
障子のままです。

2階は、昼からは閉めてるほうが
屋根の照り返しの熱が入らないので
うちの場合は涼しいんですよ。
その代わり、扇風機を回してます。
comments (0) | 暮らしの手応え | URL

氷の卵が孵っていく

フランスのアンティークの鉄製の籠が
ようやく入手できました。

もともとは卵入れ。

氷という卵が、
次々に涼という雛に孵っていきます。


IMG6651.jpg
耳をすまして。
ぴとん、びとん
という音を立て、
ガラス容器に落ちていく。
(と、夫談。私も目で聴こえます)

IMG6648.jpg
吊るしたのは座敷の床の間。
いつもは花を吊るす地袋の上。

IMG6654.jpg


とりあえず冷凍庫にあった
パーティアイスを入れたので
溶けるのが速い、速い。


当日は氷屋さんから
10センチ角の氷を届けてもらう予定です。


quote:ギャルリ百草 
comments (1) | 暮らしの手応え | URL