漏水とインフルエンザ

漏水の修理工事が入り、意外な展開となりました。
うちは、表から引いている水道管はひとつで、それが空き家状態の母屋と離れ(私たちが借りている家)に分かれてるんですね。元は一軒の家なので。

で、今回、母屋と離れの分岐点にバルブをつけたんですが(写真)、な、なーんと、母屋のバルブを閉めたら、漏水が止まった。
つまり。
これまで借りてない空き家(母屋)の漏水分の水道料金も、払っていたのです。

最初から漏水をすぐに思えばよかったんですけどね、庭の水撒きをしてたんで、えー、と驚きながらも、そのくらいかかるのかと、納得しちゃってたんです。が、夏以降、水撒きをやめてからも、減るどころか増える一方で、よーやく、暮れ、調査してもらった、というわけです。
入居時からじめじめしていた裏庭が、やはり漏れてた。
ところが、修理したにもかかわらず、メーターは止まらない(つまり漏水)。
それで、今回、母屋と離れにバルブをつけてみた、のでした。

ちょうど水道局から検針も来たんですが、今回、さらにどーんとアップ。倍、 倍ですよ。75000円。ま、手続き終了後は妥当な額(12000円だそうです)で、再請求されるらしいんですが。そうと知ってはいても、どきっとする額でした。

ところで。
夕刻から悪寒がしはじめ、関節や筋肉が痛いなあと思っていたら、38.9℃の熱が。その数字を見たとたん、へなへな、病人になってしまいました。喉も痛くない、咳も出ない。これ、インフルエンザ? 泣きっ面に蜂。
でも、いいこともあります(え?)。体内ストーブ(?)全開ですからね、寒くないどころか、暑い、暑い(笑)。額には冷たーいタオルをのせ、口の中には氷を含み、アイスクリームが食べたい、とうわごと。

いやはや、たいへんな1日となりました。
みなさま、インフルエンザにはくれぐれもお気をつけてください。
えびすさんの人混みがいけなかったのかな。お詣りしなかったバチかな。
- | - | URL