十日えびす 撤福祭


すっかり熱は引いたのですが(35℃台に戻りました。戻りすぎ?)、風邪、引きました(えっ?)。もちちん大したことはなく、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、という程度のものなんですが。お見舞いメール、ありがとうございました。
買い物のついでに、今日が最後の十日えびす撤福祭に行ってきました。さすがにすいてましたが。今日も吉兆笹をもらっている人たちがいました。
高いんですね。3千円もするんですか。
でも目の前で、笹は巫女さんが鈴のようなもの(正式名、何というんでしょう)を鳴らして舞いながら、お祓いしてましたし、ありがたいものなんでしょうね。

ところで。
えべっさん、というのは耳が悪いんだそうです。あんな福耳なのにね(ですよね?)。なので、本殿の脇には、叩いて知らせる場所(写真)がある。外壁の一部なんですけどね。その上は金網になっていて、えびすさまのお姿が見えます。

で、みなさん、金網越しにえびっさんを拝み、どんどんどん、とか、こんこん、とか、とんとん、とか叩いて、頭を下げていました。私もこれは試してみました。ノックするように中指の関節で、こんこん。次のおじさんたちは拳の小指のところで、たのもう、たのもう、という感じで、どんどんどん。にぎやかなことでした。

この恵美須神社、建仁寺の守り神として建てられたんだそうです。元は建仁寺と一体だったらしい。ちなみにえべっさんの東門(建仁寺側)の鳥居は、うちの大家さんの先々代(かな)が寄付したもの。当時はそうとうの大店だったようです。

そう、漏水の件、これまでのものも含めて、その大家さんが全額、払ってくださることになりました。めでたし、めでたし。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~hidesan/ebisu-jin.htm
- | - | URL