父の机が私の書斎に

戦時中に、父が使っていた机。
こんなエピードを経て、
こんなふうに甦らせたのでしたが、

はじめての方はリンク先の記事から読んでね。
こんなエピソード
こんなふうに#1
こんなふうに#2

あたたかくなったので
机として使っていた炬燵を片付け、
書斎に、運び入れました。
床の間に入れ込んでみたなら、
飾り棚がちょうど机の棚にもなって、
予想していた以上にぴったりで、
満足、満足。

IMG2968b.jpg
女子フィギュアも終わったし、
今夜からこの机でしっかり仕事します。
comments (5) | - | URL

オリンピックとデジタル放送

オリンピックのフィギュア、
パソコンで演技の構成表や実況をチェックしながら、
テレビを見ているアソウです。
ジャンプの種類、飛び方もお勉強。

ついでにニュースの時間を利用して
ブログもアップ。

ああ、日本選手、まもなくだ〜。


そうそう、テレビ
やっとデジタルに買い替えました。

というのもここのところ私は
テレビの言葉の聞き取りが難しく、
ほとんど見ない生活だったのです。


ところがデジタルだと
文字放送で見られるという。
じゃ、オリンピックは解説付きで、
と、ネットで買ってしまいました。


生放送だと、文字が出るの、タイムラグがあるので
画面と合わず、多少、戸惑うんですが、
でもだいぶ慣れてきた感じ。

いよいよ第3グループ。
みんなベストを尽くせますよーに。

IMG2942bv.jpg


ちなみに、いつもは↓ こんな感じです。
IMG2760b.jpg
IMG2761b.jpg


追記。
真央ちゃん、銀メダル、
でもみんなよかった。長洲未来ちゃんもかわいかった。

comments (1) | - | URL

耳寄り情報をアソウから

京都近郊の方にお知らせです。

志村ふくみさんの下で修業した
清水繭子さんという染織家がいます。

彼女の講演が下記のように
京都で行われます。
私は残念ながら瑞峯院さんの落成法要茶会で
聞きにいけないのですが、
きもの、染織に興味がある方にはお薦めです。

聞き手の鞍田崇さんは京大の哲学出身の人。
夫や私の友人でもあります。
ぜひいらしてくださいね。


「丁寧ということ ― 色と布と語りあう日々」

話し手 : 清水繭子 (染織家)
聞き手 : 鞍田崇 (総合地􏰀環境学研究所上級研究員)
2010年4月14日(水) 15:00〜17:00 (受付:14:00より)
総合地環境学研究所 講演室 *京都市北区上賀茂本山457-4

季節のうつろいにしたがい、身近な植物を使って染めだされる色。
その色を用いて丹念に織りだされる布。
染色の 原点は、時々に異なる自然の色合いへの感動にあります。
自然に対するまなざし の意味を、
「色」という目に見えるかたちで再確認しつつ
いま求められている暮らしの中の「丁寧さ」とは
どういうも のか、考えていきたいと思います。



flier vol.jpg

- | キモノのこと | URL