バーキャビネット

わが家、GW中、夫の仕事部屋を
1階から2階に移動、
ついでに家内スクランブルというか、
家内引越、荷物の大整理を敢行。
私の書棚の本を150冊ほど処分、
次はきものの整理。
姪に送るぞ〜。

それはさておき
1階の客間(次の間)に、
こんなものを置いてみました。
英国骨董のバーカウンター(バーキャビネット) 
IMG4310b.jpg
京唐紙の襖がミスマッチですが、
でも、使い勝手は最高(の予定^^)。

使うときは、ここを開けて……
IMG4313b.jpg
後ろの畳敷の廊下も使って
サーブすることができる。^^

こんな感じ。鍵付きの戸棚もついてます。
IMG4324b.jpg

お客さまをお招きしたときに
ここでお茶や飲み物をお入れし、室内にいる者が
それをお出しする、なんてことをやってみたいと思って。

テレビの撮影で使おうと思って準備したのですが、
降板したので^^
来週、お見えになるお客さまで、初チャレンジします。
お薄と点心をお出しするつもりです。
IMG4308b.jpg

★おまけ★
先日の李青さんで買った白磁の餅型
IMG4309b.jpg


comments (6) | - | URL

GW明けて、心はれやか

仕事のトラブルは昨晩、解消されました。
すでに撮影に入っていた番組でしたが、
制作会社ではなく、
局のプロデューサーに夫が直談判、
いろいろありましたが、
理解してくれて、
降板を許してくれました。

すでに放送日も決まり、
サイトで告知もされていたのに、
最終的にはこちらの言い分を聞き、
許してくれました。
すごい敏腕女性プロデューサー。
仕事ができる人というのは
押すだけでなく、引くことも上手なんですね。



制作サイドには
聴力障害のことだけでなく
この暮らしの真意を
なかなか理解してもらえず
(伝達能力がないのかも^^;)
曖昧に返事をしているうちに
どんどん距離が開いていった
という感じで
私も大いに反省、また
勉強にもなりました。

 
去年の暮れから
この撮影のために
秋にダメにした部分の
苔の復活に向けて
移植をしたり、水やりをして
世話をしてきたので、
寂しさもありますが……。
でもできないものはできない。^^;



こういう町家の庭、座敷庭や坪庭は
眺めを楽しむというだけでなく
通風、採光のため、自然のエアコンなんです。
よく考えられているんですよ。

番組で喋ろうとしていた、
私の庭についての考え
ブログでおいおいまた書いていこうと思います。

苔も面白いですよ。
君が代にも登場する苔。
万葉集にも苔をうたったものがあるらしい。

アメリカじゃ、
A Rolling Stone gathers No Moss
転がる石には苔はつかないと、
ネガティブに捉えますよね。



さて。
苔の写真を置いていきます。
露地(茶の湯で用いる庭)の苔です。
うちの庭だけでも
苔は10数種類はあるんじゃないかな。もっとかな?
移植したもの以外は
自生の苔は
その場所の環境(日当たり、水はけ)にあったものが
それぞれに生えています。

スナゴケかな。
IMG4356b.jpg

名前、調査中。
IMG4354b.jpg
飛行機の窓から見下ろす山なみみたい。
苔は小さな地球なり。

雨樋の下の部分。
IMG4360b.jpg

comments (4) | 仕事 | URL

柏餅 食べました

杉本家の端午の節句の一般公開が昨日で終わりました。
さて、ここ何年かは
ダイドコの間を用いて、喫茶&休憩のコーナーが
しつらえられています。
お菓子と抹茶 お菓子とほうじ茶(緑茶だったかも……)
今回のお菓子は端午の節句にちなみ
ちまきと柏餅。

私たち( +夫)は柏餅をいただいたのですが、
これがものすごーくおいしくてびっくり。
味噌餡なんですが、柚子味噌白味噌なんですよ。
柚子は入っていないとの指摘が。ごめんなさい。
それにお餅がやわらかいの。

どこのですか と訊けば
南座のそばの祇園饅頭だという。
そっそく買いに行きましたよ。

IMG4385.jpg

IMG4386b.jpg

ほうじ茶を入れて
縁側でいただきました。
comments (5) | 京都 > 食べること > 菓子 | URL