髪切りと女性誌

午後から、髪を切りに、カットサロンまで出かけました。
そしたら、「お時間があるなら、かけたほうが」と言われ、ストレートパートをかけることに。私、クセっ毛、それも前髪の生え際が凄いんです。ところがこのストレートパートというのが時間がかかるんですよね。結局、4時間もいるはめに。
暇ですから、ひたすら月刊女性誌を読み耽り、ファッションや美容のお勉強をしました(って、あんまり興味ないんですが)。
家庭画報(婦人画報は毎月、送ってもらっているので)の4月、5月号も読破。三友居さん、大きく載ってました。美山荘、カウンターができたんですね。行かなくては。などと、こちらは興味あるものばかりですから、本気でチェックしてしまいました。特に掘内宗心宗匠のページが読み応えがありました。

髪、ストレートになったのはいいんですが、これもコンプレックスなんですが、後頭部がないんです。いわゆる絶壁。髪が細いので、ストレートにするとよけいに目立つ。あちらを立てればこちらが立たず。ため息をつきつつ、帰宅。

ああ、今日で3月も終わるんですね。早い、早すぎる。
東京は開花したとか。さくら、さくら。
読者さんとのお花見、もうすぐです。

写真は昨日の桃の花。うるわし屋さんにお裾分け。
こんなにセンスよく飾ってもらいました。花器は伊万里。撮影はうるわし屋さん。
- | - | URL

桃の蕾

桃勝ちましたね、オウンゴールでしたけど。
サルミーンさん、うなだれて、かわいそうでしたよね。

原稿書きで終日、追われました。
月末ですらかね。

写真は昨日の桃。膨らみかけた蕾です。
咲くといいんですが。
- | - | URL

婦人画報の撮影

炬燵も火鉢も片づけてしまったので、ネコも私も、アラジンのストーブのそばを離れられません。

今日は引っ越し先(以後、六波羅)の庭の剪定、最終日。親方(上羽造園さん)が入ってくださったので、婦人画報の撮影も入りました。
私は原稿書きで行けなくて残念。
花庭の桃の木も剪定してしまい、今日は大量の桃の枝が持ち帰られました。蕾がついているので、水にさしておけば、咲くんちゃうか、とのこと。桃の花を家に飾るなんて、久しぶりです。夫よ、今度は本当に桃でしょうね。

写真は、例の天然果汁100%の夏みかんジュース。
- | - | URL

間違えました

今日は大徳寺のいろんな塔頭で釜がかかる日。実相院の奥さまをお誘いして、瑞峯院でのお茶会に参加してきました。雨なのに、朝9時前からすごい人。8時45分待ち合わせの私たちは、大いに出遅れました。

さて、ここでお恥ずかしい告白話が。なーんだ、やっぱり、と思われる方が多数ではないかと思うのですが、じ、実は、橙、橙ではありませんでした。通りで、絞った果汁、おいしかったはずです。みかん(夏みかんという噂です・とほほ)だったんです。なーんだ、私も橙にしては大きいし、色も薄いと思ってたのよね、と言ったなら、「あとだしジャンケンするな」と夫。はい。
大家さんが、橙とおっしゃったらしいんですよね。
瑞峯院さんにも実相院さんにも大迷惑、かけちゃいました。恥ずかしい。
2リットルの果汁は蜂蜜を加えて、おいしくいただいております。とほほほほほほ。天然果汁100%、無添加。あーあ。
- | - | URL

お茶会

今日は麩饅頭でも有名な生麩さん、麩嘉さんのお茶会に、呼んでいただきました。
場所は銀閣寺の近くの三友居さんの「塵外室」というお茶室。三友居さんというのは、懐石の仕出しをなさっているお店だとか(ネットで調べましたら、発売中の4月号の家庭画報にも載っているようです)。

今日は、お天気に恵まれ、お茶会日和。
お薄は小間(三畳台目でした)の茶室でしたので、席入りも、にじって入る(狭い穴のようなところから屈んで入ります)本格的なもの。久々、露地草履をはいて、初心者としては、緊張しながらも、わくわくしてしまう席入りでした。

点心は席を改め、広間でいただきました。
写真、左のうつわは、筒向こうです(向付。お茶ではありません!)。物相飯の代わりに、桜餅を模したごはん。桜葉で蒸した餅米(たぶん)、香りが移って、それはそれは美味、やわらかく、はんなりとした春の味でした。写真には写っていませんが、筍のひろうす(たぶん)が、またまた美味で、夫と久々、感動してしまいました。

それにしても京都の老舗のご主人というのは、お商売だけでなく、こういう日本文化(茶の湯)にも精通しておられるものなんですね(それとも麩嘉さんは特別なのかな)。お道具も、私でも、あ、あの、というようなものばかり、それでいて遊び心満載で、拝見していても、愉しかったです。

帰り、哲学の道を散策、そろそろ落ち椿の頃かと、法然院に寄ってみましたが、石段に椿の姿は見当たらず。お掃除をしている方がいらしたので、そのせいかもしれませんが、見上げると、枝には真っ赤な椿が点々と。まだ早いのかな。ともあれ、来週、また訪れてみます。早くも哲学の道、散策の人で渋滞(人で)してました。

いい1日でした。あとは原稿書き。明日もお茶会だし。がんばらなくちゃ。
- | - | URL