風のたわごと2

αステーションの番組、パーソナリティの慶元まさ美さんが、このblogを読んだ上で、
番組に臨んでくださっていたので、ゲストとしてもとっても心地よく、出演することができました。ありがとうございました。
昔、作詞家の頃、私、FM東京で、2時間番組のパーソナリティ、やってたことがあるんです。アフタヌーンブリーズ、という番組だったんですけどね。もちろん毎週、アーティストの方々をスタジオにお迎えしてのコーナーもあったんですが(今、思えば、大物ゲストも来てくださいました。小田和正さんとかね)、資料用のCD、ちゃんと聴いて対応してたかどうか、はなはだ疑問。

今日はふと思い出し、反省するワタクシなのでした。

手前のうしろ姿が慶元さん。左はポールさん。ネイティブみたいな日本語を喋ります。声がめちゃくちゃ美しい。声って重要ですね。
ラジオだからと髪の毛、手抜き。見に来てくださった方々、どうもありがとうございました。
HN、丹波丹後の音子ちゃんもありがとう。

4-30-m.jpg

- | 仕事 | URL

高岡の町家の続き

高岡の町家の画像、今日も追加します。

重要文化財の菅野家の玄関 左が店、右は住居(たぶん)と庭 

4-30-d.jpg




京町家ではまずお目にかからないタイプの欄間。

4-30-b.jpg




店や居間、ダイドコの天井(座敷は白木)

4-30-c.jpg



金屋町の某家の蔵の入口 

4-30-e.jpg



坪庭での採光の代わりに、居間の天井には、天窓。

4-30-a.jpg



これは「さまのこフェスタ」の様子。

4-30-f.jpg

- | 京都以外 | URL

風のたわごと

家に戻ったなら、縁や外廊下やざらざらしている。
部屋もぐちゃぐちゃ。
家を開けたのはたった一日なのに。
疲れてるのに(旅疲れですが)、夜から雑巾がけ。
ネコと夫に留守番をしてもらうと、家、汚れますね。

夫は自分のblogで掃除、掃除とよく書いてますが、
ふだんはまったくしませんから。
庭もです。だからお茶会だ、撮影だとなると、徹夜になるんです。
ただ茶花の水やりだけはやってくれていました。

今日は午後からαステーションの公開生放送に出演します。
COCON烏丸1階のアクタスのサテライトより
生中継(13時05分〜13時25分の20分間)

4-28.jpg

- | 京都 | URL

高岡 菅野家 瑞龍寺 小泉家

高岡、さすが加賀百万石ですね。
予想を遥かに凌ぐ、文化遺産を有するまちでした。
婦人画報とか家庭画報とか、もっと特集を組めばいいのに。
編集者さんで、もし読んでいる方がいらしたら、ご一考くださいね。

まず今日は朝、重文指定の土蔵造りの民家(菅野家)を見学ざせていただきました。
富山は持ち家率が全国でいちぱん、というくらい、普請に対するこだわりが強いようです。
京都の豪商は、公家や、寺社に対しての遠慮からか、簡素にみえるように(実はそうじゃないんですが)、わざと建てたり、ひねりが入ってるんですよ(檜普請は避けたりしたらしいですよ)。
ところが、高山の民家はとてもわかりやすい。豪商の家は豪華。
これは石川を含む加賀の特徴なんでしょうが(塗師の家とか)、
柱や天井も白木ではなく、すべて漆がかかっています。
ガラス戸、板戸も漆塗。真塗のガラス戸なんてはじめて見ました。

国の重要文化財に指定されている菅野家など、壁までまるで祇園の一力茶屋のようなベンガラ色。
欄間の意匠も見事。貴重かつ、素晴らしい民家でした。

まず重文 菅野家。

4-29-1.jpg



4-29-2.jpg



続いては金屋町の町並み

4-29c.jpg


小泉さんは裏千家の茶道教授を息子さんもやっておられるお家で、一般公開をしておられないところを拝見させてくださいました。さすが地元の新聞社の案内がついていると、違う(?)。
それと、どうやらNHKの「おしゃれ工房」を見てくださっていたようで、
「麻生さんのところは小間(茶室が)でしたね。うちは……」
と、お茶を少しは嗜んでいることも、身内意識をもって迎えてくださったのかもしれません。

高岡はいあまりに立派な民家がたくさん残っているせいか、
金屋町の小泉さんの住宅も、市や県の文化財指定ではありません。

これは小泉さんちの竃(もう使ってないそうですが)。
さすが銅器のまち、ここにも銅板が貼ってあります

4-29-5.jpg



階段の手すりも金物で凝っていて、さらに踏面に皮が貼ってあるんです。暗くて写真、撮れなかったのですが、下にはいわゆる階段箪笥も設えられていました。

小泉さんの裏庭から見せていただいたキューポラ(鉄の溶解炉のこと。鉄鋳物を作るための溶解炉)。

4-29-x.jpg




さのまこフェスタや、鋳物資料館を見学し、
午後からは、前田利長公の菩提寺である国宝、瑞龍寺へ。
禅寺ですが、京都のそれとは少々、趣が異なり、より中国的。シンメトリーの、奈良の薬師寺などを彷彿させる回廊に、目を奪われました。

4-29-8.jpg



4-29-a.jpg



本堂で行われていた高岡茶会にも参会させていただきました。
表千家は30日ということで、薮内流に。三千家以外のお茶会ははじめてでした。

4-29-s.jpg

- | 京都以外 | URL

ニューオータニ高岡の窓

おはようございます。
ホテルの12階から眺めた高岡市です。
カメラが広角レンズじゃないので、
全景が入りませんが、平野というものを久しぶりに見ました。

今日は鋳物資料館のセレモニーを見たあとは、
国宝のお寺や、重文の家などを見てから帰ろうと思っています。

4-29.jpg
- | 京都以外 | URL