猫式、涼の取り入れ方

表面積を広くして、放熱しながら寝るロッタちゃん、
夏を涼しくするための、
涙ぐましい努力です。
ごめんね、ロッタちゃん。
(タオルがかかってみえるのは、目の錯覚です^^;)。

今日は夏越祓。
夜、恵美須神社に茅の輪くぐりに行ったら、
終ってた。orz。

IMG_6359.jpg
- | 猫たち→別ブログへ移転(休止中) | URL

雨のひとりごと

日経ネットが更新されました。

6-28.jpg



それにしてもペットブログや主婦日記のblogランキングの上位に入っている人たち、
写真やイラストの加工だけでもたいへんな作業なのに、
なぜあんなにマメに、更新できるのか、もう本当、感心してしまう。
写真も加工も上手です(イチデジだったりするし)。
「チワワとトラ猫」「うちにゃん@レオっち」の写真とか、
とても素人さんとは思えないですもん。
私もロッタやトピの写真に、文字を入れたい!!
どなたか教えてくださいまし。

あ、新刊「茶わん眼鏡で見た、京の二十四節気」、
店頭に並んだようです(大手の本屋さんしか置いてないと思いますが)。
買いましたよメールもありがとうございます。
今回は男の方にも面白く読んでいただけるのでは、と思っています。
宣伝してくださる方は、どうぞ表紙の画像、お持ち帰りくださいまし。

週末、インフォメーションもアップします。

7/14 ジュンク堂京都店14:00から。サイン会です。
仕切りが淡交社なので「花ごよみ」がメインですが、
日経の新刊も置いてくれるそうです。
宵山がてら、ぜひいらしてください。
帰りに伯牙山の杉本家の屏風飾り、
たぶん私は、行くと思います。
いっしょにいかがですか。
- | その他 | URL

犬のblog「カンタのハンナ」

私のネットの「お気に入り」には、京都関係のほかに、猫、犬のblogがいくつかまじっています。
そのなかの一つに「カンタとハンナ」という犬blogがあり、
ここ半年の私の、ひそかな楽しみでした。
白ポメのカンタくんのファンだったのです。
そのカンタくんが、長い闘病の末、虹の橋を渡っていきました。

飼い主さんの献身的な看病のおかげで、
カンタくんは安心して、虹の橋へ向かえたようです。
「もうおかーさん、充分やよ、ありがとう」
そんな声が聞こえてくるような、
心温まるblogでした。
 
カンタくん、わんちゃんの天国で安らかに眠ってね。
- | その他 | URL

なかひがしさん、法然院、哲学の道

お昼、草喰なかひがしに行ってきました。

八寸です。籠に挿された花はコアジサイ。この花、とても甘い香りがするんですね。

6-27-1.jpg



蓋をあけると、

6-27-2.jpg



帰り、哲学の道を歩いてみました。
疏水、藻の隠れるようにして、鯉が。

6-27-3.jpg


6月の哲学の道もいいものですね。人、まばらだし^^;

さらに足を伸ばし、谷崎の墓がある法然院へ。
参道は、木漏れ日と、緑のしずくがしたたり落ちていました。

6-27-4.jpg




詳しいことは今週末、アップの日経ネットで書く予定です。

あ、「茶わん眼鏡……」、丁寧に推敲、大幅に書き直しましたので、とても読みやすく(本当か?)、まずまずまっとうなものになっています( 謙虚さも何もない、この欧米式自己PR)。ぜひぜひ、左からぽちっとアマゾンにお立ち寄りくださいまし。
ネット連載中のものは、ちとひどかったですね。すみません。横書きだと、どうもリズムに乗り切れず、ああなっちゃうようです(って他人事のようですね)。

表紙、このくらい緑を感じるものにしたかったんですが……。
これは法然院の苔庭です。

6-27-5.jpg

- | 京都 | URL

蒸し暑い1日

瑞峯院での茶の稽古日です。
今日は夫も、仕事で和尚様にお願いことがあり、同行。
和尚様がお戻りになるのを待つあいだ、
みなさまのご厚意で、夫も一服、いただくことに。
おまけに今日は研究会。ふだんの薄茶との稽古とは異なり、
お濃茶や炭点前。興味津々で見学してました。

7月の月釜(28日)、私たちの先生が担当なので、
もちろん私も水屋に入ります。
お運びに出ますので、
ぜひぜひ瑞峯院にいらしてくださいね。


瑞峯院の蓮の花です。

6-26.jpg



本堂の裏庭には、桔梗が。

6-26-3.jpg



お菓子は、当然、水無月(銘は氷室)でした。ういろうではなく、葛、緑色が差し色されたオリジナルです。小豆は魔除け。三角形は氷を象ったもの、と言われています。
夏越祓(6月30日)に、いただくお菓子です。

6-26-2.jpg

- | 暮らしと茶の湯 | URL