2007年最後のSUN DOWN

今年、二階の自分の部屋から、
何度、落ちる陽を見ただろう。

12-31.jpg


毎日、同じように見える窓も、
同じ日は二つとない。
小さな過ちに、
気づく瞳が、
かけがえのない自分を築いてくれるなら、

今年、最後のSUN DOWN。
静かに手を合わせた。


追記。
寒いですね。雪になればいいのに。
さっき、今年、最後の宅配がきたんですが、
クロネコさん、無休なんですね。
「よいお年を」って言ったなら、
帽子をとって、
「あ、ありがとうございます。よいお年を」
 と、おじきをしてくれました。
福井の友人からのお米でした。
自家製の、精米したてのお米。

さて、まだ大掃除が終っていません。
何だかなあ……。
- | その他 | URL

ご挨拶

零下2℃まで下がるという予報でしたが、
気象庁のサイトを見たなら、
京都の大晦日の最低気温は1度、あったようです。
白い元旦、京都になれば、いいな、
そんなことを思いつつ、

今年もお世話になりました。

どうぞ、みなさま、
よいお年をお迎えください。

追記。今年もまた除夜の鐘、撞きに行く予定です。
- | その他 | URL

きものの着付け

婦人画報2月号の特集は「白い京都」。
そこには私、登場しませんが、
別のタイアップページに、
そっと出ております。
サントリーの京舞とお茶会のページ、
祇園の舞妓さんたちと、
一緒に写っております。

2月号は文字通り、白い京都、
写真は雪景色ばかり、
そして土産ものも、
白いものを集めた
面白い特集です。


しかしきものの着付けというのは、
むずかしいものですね。
その婦人画報のページ、
自分で着付けたんですが、
襟もと、
しわがないように、
前に横にと、伸ばしすぎた感が否めない。
自分でもびっくりするほど、
いかり肩に写ってるんですよ。
まるで水泳選手みたい(^^;)。

あ、でも、
クロワッサン・プレミアムは
なで肩に写ってたから、
ポーズの取り方も悪かったのかな。

などと、きものというのは、
洋服とは異なり、
着付けひとつで、デザイン、体型まで
変わって見えるから、
むずかしく、そして
向上心をかりたてる……、
そんな面白さを含んでいるように
思います。
- | その他 | URL

つぶやき

東京でお正月を迎えようかなあ、
などと思いつつ、
まだ大掃除も終ってない年末です。
ま、帰るとしても、
元旦、初詣を終えてからですけどね。

猫がいなければ、
もっと留守にできるんですけどね。
寂しいんですよね。
猫たちより、私がね。
トビやロッタと離れると、
こう、何か落ち着かないんです。

まだだらだらと年内、
更新はすると思いますが、
ひとまず、今年もお世話になりました。
よいお年をお迎えくださいね。
- | その他 | URL

暮れのひとりごと

空も大掃除ということなのか、
一日中、雨でした。

気分が優れず、仕事もせず、
かといって、大掃除もせず、
ぼーっと過ごしてしまいました。
年賀状もまだなのに。

暮れのご挨拶が多い日でもありました。
ホテル風早からは、
特製のドレッシングが届きました。
おいしいんですよ。
写真、また明日にでも、載せますね。

初釜用のきものも、出来上がってきました。
若い頃の付け下げの地色を、
深い紫に染め替え、
友禅の部分に、差し色や金彩を加えてもらいました。

今日はこんな手抜きの更新で、
すみません。
- | その他 | URL