夏休みも終わり

いよいよ明日から九月ですね。
選挙も終わりました。

週末はまたもや部屋の模様替えや、
箪笥の整理などをして、過ごしてしまいました。

今月は本家ブログ、さぼりにさぼったり。とほ。
明日からは心機一転、がんばります。
お盆の頃の画像は、遡って、
こっそりアップしていきます。

18日は名古屋にある香道 志野流の家元での
香席に参加しました。
これも写真、整理してから
アップしますね。

そんなわけで、
明日は防災の日。
関東は台風が来ているし、
どうぞ皆様もお気をつけくださいね。

----------------
あ、今日の駄メシはおいしかった。わはは。
でも写真、撮る気力がでなかった。とほほ。

---------------
駄メシへのコメント、ありがとうございます。
料理は40歳まで大嫌いで、
何とか好きになったのは、ここ数年のことです。
ただ炊飯器をはじめ、
オーブンや電子レンジといったものがないので(えーっ!)
おしゃれ〜なものは作れません。
習っていた懐石料理をつくる道具は
有次さんで揃えたので、
大きなすり鉢から、もろもろ
出刃も柳刃包丁も持ってるんですけどね。
(と、ちょっと自分をフォロー)
オーブン、今年こそは買おうと思いつつ、
はや3年。

ということで、寝不足なので、
本日はこれにてごめん。


IMG9004.jpg
comments (4) | その他 | URL

駄メシ 昨日の晩ごはん

昨日は失敗の巻でした。
このところ夫が若干、横にきているので、
カロリーを控え目にしているのですね。
で、マヨネーズを使わない
ポテトサラダを実験的に作っていて、
昨日は2回目。
白味噌と酢、塩、卵黄でトライしたのですが、
うぐぐっ。
見た目でかなりごまかしたつもりでしたが、うぐぐっ。
懐石料理などには、黄身酢というものがあるくらいですから、
酢と卵黄は、油がなくても合うはずなのに、げぼっ。
白味噌、酢、卵黄がそれぞれ自己主張しすぎて、
おいしくありませんでした。
それがこれ↓
IMG9091.jpg
コクに焼豚、彩りに胡瓜とにんじんが入ってます。
マヨネーズってすごい調味料ですね。脱帽。
お醤油にも合うしね。
<蓋物のうつわは波佐見焼@然花抄院>

鶏の山椒焼き。
IMG9088.jpg
これはおいしかったけど、でも若干、醤油辛かった。
<長皿は伊万里で一富士 二鷹 三茄子の文様>

蟹ときゅうりの酢の物
IMG9090.jpg
これは甘酢の砂糖が足りなかった。
<みじん唐草のなます皿は伊万里@やかた>

とほほ。味見したのになあ。

全景でございます。
IMG9084.jpg
<折敷風の膳は@うるわし屋, 
ごはん茶碗は伊万里@やかた, 羽釜型の土鍋一志郎窯>
以上、脱力するような失敗ごはんでした。


★ネットの接続が悪く、
連続投稿になっていますが、管理人さんに削除願いをしてあります。
すみません。


comments (5) | 暮らしの器  | URL

昨日の晩ごはん

うちの夫は横浜育ちですが、
ごはんのイントネーションがなぜかおかしい。
ごはんのアクセントが第2音節にくる。
スボンと同じになります。
「ごはん(すぼん)」
そのたびに妻から
「ショバンでしょ」と言われる。
妻のごはんのアクセントは第一音節。
すなわちショパン。

さて久しぶりの駄メシ。
なんちゃってメニューばかりです。

まずは全景。
IMG9075.jpg
<朽木盆@うるわし屋さん 取り皿は2つとも伊万里焼 
ごはん茶碗は現代もの@高島屋京都店で> 


IMG9070.jpg
グリルパンで焼いた薄切りナスを
出汁醤油とごま油のつけ汁に熱いまんまジュンと浸けたもの。
20分くらい放置し、冷やしました。
上には松の実とゴマ。わりと美味でした。
<砥部焼>


IMG9065.jpg
グリルパンで焼いた「ぽて揚げ」と椎茸に、かりかりのじゃこをかけたもの。
味付けはえーっと、何だったけっ。あ、生姜醤油。
<いただきもの 京都の新人作家のものらしい>


IMG9067.jpg
豆あじの素揚げをスーパーのお惣菜屋さんで買いまして^^;
オニオンスライスを加えて、南蛮漬け風にしたものです。
千鳥酢にかつお出汁にお砂糖に鷹の爪をテキトーに。
<加藤静允作>


IMG9074.jpg
塩がメイン(^^; 対馬土産の塩。
<伊万里焼@うるわし屋さん>


以上、失礼いたしました。
  
comments (4) | 暮らしの器  | URL

お知らせ


「和楽」(小学館)の予告に、
 麻生圭子サンが林真理子さんを案内する京都 というような
 予告が載っているそうですね。

 コメント欄で、祇園祭のときに撮影したのでしょうか、
 とのお問い合わせをいただきましたが、

 10月号なので、祇園祭に限定してしまうと、 
 季節がズレてしまうので、
 基本的には一年を通して、
 林さんを京都に案内するなら、という内容の私のエッセイです。 

 ただそのエッセイの中に、挿絵的に、
 私が撮った写真が小さく入ります。
 わが家にお招きしたときのスナップ写真も入ります。with私の写真も。
 十二単の林さんの写真も。^0^

林真理子さんファンは必見かも。和楽、今年の五月号から書店でも買えるようになりました。
ご興味がある方は、ご覧になってみてください。


★コメントへのお返事。
変換ミスのご指摘、ありがとうございました。
「然かすてら」たぶんテレビで紹介されたのは、
東京の別のメーカーさんだと思います。NHKの朝の番組で紹介されたみたいです。
今度、東京に行ったとき、買って、
食べ比べてみようと思います。


 
comments (5) | 仕事 | URL

今年の大文字は……

何だか今さら感がありますが、
今年の大文字はいつもの某所から大文字と、
秘密の場所で全部を見てきまた ^^

まず大文字。
この小高い場所は穴場。でも年々、人が多くなるような気が……。
IMG8835.jpg

そして大文字を見たあと
残りの四山を見に、某所へ。
ここね、全部、見えるんですよ。ええ。
ほらね。
IMG8861.jpg
えっ?  違う? えへへ。
友人のカフェ「efish」は、この日のみ、
こんな演出がされるんですよ。
妙法(二つで一山カウント)、船、左大文字、鳥居。

昔は五山の他にもあったので、これは私のこじつけですが、

東の空から人(大文字)が読経(妙法)に送られ、船に人(左大文字)が乗り
結界である鳥居をくぐり、西方にある十万億土のあの世へと帰って行く。

という夏の夜のストーリーを読むこともできます。


鴨川と高瀬川に挟まれた空間efishで、
静かに五山の送り火ディスブレーを眺めつつ、
今年の夏を見送ったのでした。

IMG8868.jpg
comments (3) | 京都 | URL