猫足というより虎足

中国製の激安バスタブ。
思っていたよりは、
いい感じでした。^^


気になる入り心地は……  
おお、とっても very いいです。
背もたれがあるって
こんなにゆったりした気分になるんですね。
本とか何時間でも読めそうです。

さて
猫足ですが、中国製なので
猫というより虎かも。
アジャスタ付き。

かなり床から上がってるから
雑巾掛けもできそうです。


IMG_7383.JPG

排水はこんな感じ。
IMG_7385.JPG

IMG_7387.JPG
タイル、もっと白いつもりだったんですが、
やっぱりこんな色でした。
ま、このくらいのほうが
古い浴室にはしっくりくるかも。
と、納得させる私^^


★★コメントにレス
泡のお湯に浸かって
温もったなら、
そのまま、髪やカラダを洗って、
上がるときに
シャワーでカラダを流す、
というのではダメかしらん。

昔、ドイツにいたときは
そんな感じでした。
が、しばしば最後のシャワーが
水になり、冬は泣きそうでした。


IMG_7393.JPG
とりあえず現状はこんな感じ。
これからアレンジしていきます。
comments (5) | 浴室の改修工事 | URL

銀座おとな塾 アゲイン

8月末の銀座おとな塾に
来てくださった方、
ありがとうございました。

さて
前回できなかった
暮らしの骨董の話を
『使う骨董=暮らしの道具たち』
と題して、させていただこうと
思っています。


正式に決まり次第、
ブログでお知らせします。
講座のあとは、オフ会の予定。
来てね〜。
お待ちしています。

以上、お知らせでした。

IMG_7370.jpg
台所 古い道具、新しい道具いろいろ。 


comments (3) | 仕事 | URL

庭を見る猫たち

久しぶりのツーショットです。

IMG_7389.JPG
今日は曇りながら、ときおり日差しと雨つぶ
京都らしい、玉虫色のお天気です。

首輪レスで帰ってきたので
とりあえずロッタの首輪をつけました。
じゃないと、ノラ猫に見られちゃう。
IMG_7379.JPG


IMG_7369.jpg
土間から帰って来た男、いや、猫。
comments (3) | 猫がいる風景 | URL

撤去した浴槽は

ああ、予想以上に
埋め込んでいた部分は傷んでました。

しかしなぜ浴槽は、
埋め込みが主流なんでしょうか。
低いほうが入りやすいから、かな。

でも木風呂は置き型のほうが
断然、保ち、いいですよ。
表裏両面に風を当て
ほどよく乾燥できるから。


IMG_7353.JPG
材質は高野槙(コウヤマキ)。
檜より水に強い、風呂桶としては最強の木……なのに。
黒いのは腐敗を防ぐために
柿渋タールを塗っています。
IMG_7354.JPG
ぼろぼろのふわふわ。

内側は拭き上げ、日々、扇風機をかけてたから、
こんなにきれいなんですよ。
底が抜けるまでに
改修を決断してよかったです。
IMG_7359.JPG
金に糸目をつけないなら
これを修復して、床をやり直し
もう1度、埋め込むという方法も
あったんでしょうけどね。

築80年の町家ですが
たぶんガス風呂にしたとき
浴槽も撮り替えてると思うので
数十年というところでしょうか。
うちが使って5年。
お疲れさま。

comments (0) | 浴室の改修工事 | URL

久しぶりだね

17日ぶりの再会。
ロッタちゃんはすぐにお出迎え。
久しぶりという感じもなく
いつもと同じように甘えてくれました。

一方のトビはしばらくしてからご帰還。
わあ、トビちゃん、
と、即だっこ。

しかし。あれれ?

もちろん抱っこを
嫌がりはしませんでしたが、
ゴロゴロ言い始めるまでに
若干の、そうですね、1分くらいかな、
の、タイムラグがありました。

よーく知ってる人だけど
えとえと、この人誰だっけ? 
みたいな感じだったんじゃないかな。

ま、ともかく
いつもの四人家族に戻りました。

京都は暑い、
というより、エアコンないと、
まだまだ夜も暑いんですね。


IMG_7347.JPG
帰宅後20分くらいしてからのロッタちゃん

IMG_7345.JPG
1階の廊下。私が片付けをしているのを
じっと見てくれていました。



comments (4) | 猫がいる風景 | URL