徳島に来ています。

100221_073911.jpg
眉山ロープウェイが見えています。
それよりSOGOが目立ってるけど。^^;

とてもいいお天気です。
同門会(表千家社中)の方を前にしての講演。
茶の稽古をはじめてから
京都での、日々の和の暮らしがどう変わったか、
そんなことを中心にお話しようと思っています。

茶の湯はもてなしの文化、暮らしの文化
と言ったりもするそうです。
ここに和の基礎がある。
私は茶の湯は俳句とともに、
五感を鍛えるための
最高のツールではないかと思っているのですが、
そのあたりをおお話できれば。

でも自己紹介を兼ねた
京都の景色や、暮らしのスライドを50枚近く用意したので、
時間が足りないかもしれないなあ。
『NHK趣味悠々 茶の湯 表千家』を撮影していたときの
久田宗匠と私のツーショット画像等も入れちゃいました。
(宗匠には許可いただきましたよ)

私の講演は、ある意味、このブログのライブ版ですね。

comments (2) | 仕事 | URL

生活骨董@漆器と町家

昨日、昔の画像から捜しものをしていて
こんなものを見つけました。
「生活骨董」の撮影のとき、私もカメラマンの後ろから
自分のコンデジで撮影したものです。
前の町家は今よりずっと小さい分、
あれこれ遊べていたような気もします。
なつかしいなあ。


2-20-1-7.jpg2-20-10-2.jpg2-20-10-3.jpg2-20-10-4.jpg2-20-10-5.jpg

「生活骨董」は現在、残念ながら、絶版です。

今日はこれから徳島。
明日、同門会の表千家の大会で、講演します。
朝からそれに用いるスライド用の資料作りでパニック中。^^;
もう少し、パソコン、強くなりたいなあ。
どなたかやさしーく教えてくださる方、いませんか。
夫はすぐ怒るんですよ。

comments (1) | 京都 > うつわのこと | URL

福祉ネットワークのスタジオ収録

昨日は東京のNHKで
福祉ネットワークのスタジオ収録でした。

で、先日、自宅でのVTR(撮影)、
編集したものを見たのですが、
それを見ながら私が言ったひとこと
「老けた」orz 

縁側で陽をいっぱい浴びてる写真は
いいんだけど、暗いと、あかん。
陰翳礼讃ならぬ、陰翳誹謗 みたいな。

30代前半のときに、私がNHKで司会をしてたときのVTRも
ちらりと写りますが、これは「若いっ」です。

いやいや、
そういう視点の番組じゃなく、
聴力障害者と福祉を語る番組でございます。

若い頃からこの病気と「仲良く」し、
一年ずつ、高い音から失っていき、
ついにここまで聞こえないのよ、
ex.ピアノの音で検証
(ピアノの音は三分の二くらい、聞こえません)。
というようなことを
話したりしています。

低い音はふつうに聞こえます。
男性の声はわりと聞き取れ、
女性の声、高い声だとかなり聞き取りがむずかしく、
ハスキーな人の声、ささやきは、耳では聞こえません。
(子音は音が高いらしい)。


ひとくちに聴力障害といっても
いろいろある、音が小さく聞こえる
耳が遠くなるだけではないんです。

大きな声で耳元で喋るより、
唇の動きが見えるように正面から
滑舌よく、口を大きくあけて
喋るほうが、聞き取りがよくなる人が
多いと思います。
老人性難聴も含めて。

そんなわけで、
私は夫から通訳してもらったり、
日常は、読唇や勘や、音感で補いながら
聞き取っております。

あ、補聴器を使っても
あまり効果を得られない人もいるんです。



夫が、こういう番組ならと
はじめて私のことでテレビに「顔出し」、
インタビューを受けています。

でね、夫の発言内容に
NHKの担当ディレクターから
「ご主人は本当に理解がある。素晴らしい」
との賞賛が飛び出しておりました。
そ、そうなのか!?

はい、その通り、だと思います(棒読み)。


放送はNHK教育3/上旬の夜8:00だそうです。
このブログをいつも読んでくださってる方には
見ていただきたいなあと思っています。
再放送も翌週、あるようです。
★放送日は確認後、また改めて告知します。
本放送3月8日(月)20:00-20:29
再放送3月15日(月)13:20-13:49



読者メールをいただきました。
一部、転載します。


■件名
ご主人さまは…

■メッセージ
実際に、ご主人様がアソウさんの耳元で「通訳」されている姿を拝見したとき(ホテル風早での講演打ち上げのときです)、
いいお姿だなあ、パートナーなんだな〜と、心にじーんときました。


comments (6) | 仕事 | URL

展示会のお知らせ

「絽刺し」という刺繍の帯留です。

IMG2862b.jpg
数年前、久保万里先生から習い、私が自分で刺したものです。

こんなに小さいものなのに一週間かかりました。
(夜、少しずつ、ではありましたが)
地色に見える藍色のところも刺繍なんですよ。

その久保万里先生の作品展が
2/17から2/23まで「ぎゃらりい西利」で行われます。
祇園  四条祇園町南側 西利祇園店4F
075-525-7111
時間等は直接、お問い合わせくださいね。


★絽刺しとは★
刺しゅうの一種で、別名公家(くげ)絽刺しともいわれている。三本絽といわれる絹の絽布に、やや太めの絹の撚(よ)り糸を使って図案を刺し埋めていくものである。古く平安の時代には公家や武家の子女の道楽とされていたといわれる。明治以降、大正、昭和と年々隆盛になり上流婦人の間で趣味の手芸として珍重された。
(Yahoo百科事典より)


拡大画像
rozashi.jpg
comments (4) | 京都 | URL

花の室礼

土曜日の撮影のために用意した花。

少し前に買っておいた敬翁桜が
やっと綻びはじめました。
とてもかわいい桜です。

この名と愛らしさが気に入って、
表千家の長老、久田宗匠にも、先日、贈りました。

IMG2846b.jpg
敬翁桜 和ろうそくを灯して@床の間の地袋の上に

IMG2842b.jpg
自然光で

IMG2855b.jpg
八重の梅 水車の板には石仏@次の間八畳の床の間
愛らしい梅の花。


IMG2857b.jpg
大好きな白木蓮@玄関前の廊下


★追記
下のコメントに啓翁桜では? とありましたが、
私もネットで調べたんですが、どちらもあるみたいですね。
花政さんでは、敬翁桜ということでした。

山形1系敬翁桜 (原種啓翁桜)

comments (4) | - | URL